産経WEST

感触はもふもふ“抱きつきプリン”京都初登場 人気キャラ20周年で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


感触はもふもふ“抱きつきプリン”京都初登場 人気キャラ20周年で

ポムポムプリンに抱きつく子供たち=京都市下京区の大丸京都店 ポムポムプリンに抱きつく子供たち=京都市下京区の大丸京都店

 大丸京都店(京都市下京区)で17日、サンリオの人気キャラクター「ポムポムプリン」の巨大なぬいぐるみ3体が登場した。身長130センチもあり、感触も良いぬいぐるみに抱きつき、記念撮影していく買い物客や親子連れの姿がみられた。

 サンリオによると、今回の“抱きつきプリン”の展示は東京・新宿などに続き、京都では初めて。キャラクターの誕生20周年を記念するもので、同店では9月26日まで展示する。

 同店は「『もふもふ』のプリンにギュッと抱きついて、ぜひかわいさを体感してほしい」と話している。

 平成8年に誕生した「ポムポムプリン」は、雄のゴールデン・レトリバーをモデルに、こげ茶色のベレー帽が特徴。サンリオキャラクター大賞では、ハローキティなどを抜き、昨年、今年と2年連続で人気キャラ1位に選ばれているという。

「産経WEST」のランキング