産経WEST

シャープ、鴻海傘下入りで中国当局審査終了、出資完了へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シャープ、鴻海傘下入りで中国当局審査終了、出資完了へ

大阪市内から堺市に本社を移転して再出発をはかるシャープ=堺市堺区 大阪市内から堺市に本社を移転して再出発をはかるシャープ=堺市堺区

 経営再建中のシャープは11日、台湾・鴻(ホン)海(ハイ)精密工業から総額3888億円の出資を受けるための条件となっていた独占禁止法上の中国当局の審査が終了したと発表した。

 シャープは「契約に基づき、速やかに支払いがなされる見込みだ」とコメントし、12日にも鴻海から出資がなされるとの認識を示した。

 11日、鴻海も近く出資を実行するとの声明を発表した。出資完了後、新たな経営陣が発足し、鴻海主導による立て直しに乗り出す。国内大手電機メーカーでは、初の外資傘下入りが実現する。買収手続きは当初、6月末を目指していた。

 鴻海は、シャープの第三者割当増資を引き受け、66%の議決権を持つ筆頭株主となる。出資完了を条件に、高橋興三社長は業績悪化の責任をとって退任予定。シャープの株主総会で選任された新経営陣は9人のうち、次期社長の戴正呉氏を含む6人を鴻海側が指名、シャープ出身は3人のみとなる。

「産経WEST」のランキング