産経WEST

【世界を読む】日の丸飛行艇「US2」を追撃せよ!…中国・最新鋭飛行艇そっくり!? 世界を席巻する日

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界を読む】
日の丸飛行艇「US2」を追撃せよ!…中国・最新鋭飛行艇そっくり!? 世界を席巻する日

 この飛行艇開発の技術は戦後も継承され、新明和工業は水陸両用の飛行艇として日本で初めてとなったUS1を開発。1975(昭和50)年に1号機が完成した。

 新明和工業はUS1の性能をアップした新たな水陸両用飛行艇の開発に着手。2003(平成15)年12月に初飛行に成功し、2007年3月から運用を開始。US2と命名された。

群を抜く性能誇る海自US2

 海上自衛隊が保有・運用するUS2は全長33メートル、最大離陸重量47・7トン、航続距離は4500キロ。最大の特徴は3メートルの高波でも着水が可能で、短距離での発着もできる。水陸両用飛行艇としてはカナダ・ボンバルディア社のCL415(双発プロペラ)、ロシア・ベリエフ社のBe200(双発ジェット)があるが、着水可能な波の高さがそれぞれ1・8メートル、1・2メートルに過ぎず、US2の能力の高さが分かる。

 中国では開発中からAG600への関心が高く、2014年にメディアが相次いでAG600を紹介する記事を出したが、いずれもUS2を意識したものだ。中には「中国はこの機(AG600)によって、日本の飛行艇US2を一気に抜いて、世界最大の飛行艇製造国になる」と強い期待を寄せたものもあった。

中国は特殊部隊の奇襲用に利用?

 中国メディアはAG600について、サッカー場ほどの広さに一気に12トンの水を空から放水し、森林火災などの災害に対応でき、海難事故などでは一度に50人を救助できる、と伝えている。

 ただ、AG600は上空から潜水艦の動向を警戒・監視し、攻撃する対潜哨戒機など軍用機として利用されるのは確実だ。一度に50人が救助できるなら、完全武装した多くの特殊部隊隊員を搭乗させて、紛争地に派遣することも可能になる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日の丸飛行艇「US2」を追撃せよ!…中国・最新鋭飛行艇そっくり!? 世界を席巻する日
  • 日の丸飛行艇「US2」を追撃せよ!…中国・最新鋭飛行艇そっくり!? 世界を席巻する日

「産経WEST」のランキング