産経WEST

【宝塚歌劇団】長身生かしパワフルな歌声…瑠風輝「エリザベート-愛と死の輪舞-」宙組新人公演

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【宝塚歌劇団】
長身生かしパワフルな歌声…瑠風輝「エリザベート-愛と死の輪舞-」宙組新人公演

主人公のトートを演じた瑠風輝(右)と相手役の星風まどか 主人公のトートを演じた瑠風輝(右)と相手役の星風まどか

 宝塚歌劇団宙(そら)組公演「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」の新人公演が9日、兵庫・宝塚大劇場で行われた。入団7年目までで上演される公演。5年目の男役スター、瑠風輝(るかぜ・ひかる)が174センチのスリムな長身とパワフルな歌声を生かし、主人公の黄泉(よみ)の帝王トートを熱演した。

 2度目の新人公演主演作が、日本上演20周年を迎えた宝塚の名作。妖しく激しい“自分のトート”を演じきった瑠風は、カーテンコールで「記念の年にトートという大役を演じられて幸せです」とあいさつした。

 歌唱力に定評がある瑠風だが、音域の広い難曲ぞろいには悩み苦しんだという。この日、「低い音で歌い出し、低音域が出なくなってしまったところがあった」そう。「たくさん残った課題をクリアして、東京(の新人公演)へ挑みたい」と最初に反省を口にした。

 役作りのため、本公演で主役を演じる同組トップ、朝夏(あさか)まなとの稽古を見学し続けていたとき、朝夏から「自分がやりたいことを前面に出さねばトートはできない。見るより、自分で演じて作り上げる方がいい」とアドバイスをもらった。

 「マネではなく考えることから始めようと」。かつらは朝夏とは異なるオリジナル。「黒色が似合わなくて(笑)」、アクセントに白色のメッシュを入れた。ラストシーンを演じたとき、「トートとエリザベートの幸せな瞬間。スモークがたかれる中、私も役と同じように幸せな気持ちになって気持ち良かったです」と頬を緩めた。

 また、エリザベートを演じた相手役の星風(ほしかぜ)まどかは入団3年目。1年目に組回りの宙組公演「白夜の誓い」で当時トップの凰稀(おうき)かなめ演じる主人公の少年時代の役に抜擢(ばってき)された逸材。宙組配属後、初出演となる「王家に捧ぐ歌」で新人公演初ヒロインに。バウホール公演とドラマシティ公演でヒロインも経験した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 長身生かしパワフルな歌声…瑠風輝「エリザベート-愛と死の輪舞-」宙組新人公演

「産経WEST」のランキング