産経WEST

【関西の議論】候補者の妻「よさこい」と「阿波おどり」を披露、投票で「合区反対」抗議票も…参院選騒動記

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
候補者の妻「よさこい」と「阿波おどり」を披露、投票で「合区反対」抗議票も…参院選騒動記

参院選鳥取・島根選挙区のポスター掲示板は、鳥取県(上)が右から縦に届け出順、島根県(下)が左から縦に届け出順と規格が異なった 参院選鳥取・島根選挙区のポスター掲示板は、鳥取県(上)が右から縦に届け出順、島根県(下)が左から縦に届け出順と規格が異なった

 7月に行われた参院選の合区選挙区について、地方を中心に早くも解消しようという声が高まっている。同月末の全国知事会議は「投票率低下や自県を代表する議員が出せないなど弊害が顕在化している」として、早急に解消を求める決議を採択した。実際、鳥取・島根、徳島・高知の両合区選挙区では、候補者や陣営が拡大したエリアの対応に苦慮。なじみのない候補者しかいない地区では有権者の間にしらけムードが漂い、投票には「合区反対」と書かれた抗議票も含まれていた。初めて実施された合区選挙の混乱を振り返る。

端から端まで320キロ超

 鳥取、島根選挙区は、両県の日本海側をJRで行けば320キロを超す。山陽新幹線ならなんと新大阪-広島間に近い距離だ。

 広い選挙区をカバーしようと、各候補の選挙カーは常に行程表に追われた。有権者と握手をしたり、ビラを配ったりするのもそこそこに、次の街宣ポイントに向かったが、ある陣営幹部は「有権者の本当の声は聞けてない」とポツリ。

 選挙カーは1陣営あたり2台使えるが、町中は静かなもの。広い選挙区を駆け回る選挙カーに遭遇することがまれで、両県の有権者からは「本当に選挙やってるの?」との声がたびたび聞かれた。「選挙が白けてしまう」。ある選対幹部は嘆いていた。

「よさこい」も「阿波おどり」も

このニュースの写真

  • 候補者の妻「よさこい」と「阿波おどり」を披露、投票で「合区反対」抗議票も…参院選騒動記
  • 候補者の妻「よさこい」と「阿波おどり」を披露、投票で「合区反対」抗議票も…参院選騒動記

「産経WEST」のランキング