産経WEST

近大付属病院で不適切経理…補助金2200万円の一部は飲食費に、医師4人処分

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


近大付属病院で不適切経理…補助金2200万円の一部は飲食費に、医師4人処分

 近畿大学医学部付属病院(大阪府大阪狭山市)の救命救急センターなど3つの医局で、府からの補助金など計約2200万円を医師の個人口座で管理する不適切な会計処理が行われていたことが5日、大学への取材でわかった。口座の現金は医局の懇親会などに使われており、病院は同センター長の教授ら4人を厳重注意処分とした。

 大学によると、同センターは記録を確認できた平成23年以降、救急医療体制の強化を目的とする府の補助金など計約2050万円を受け取った。大学の会計で管理されるべきだったが、医師らが医局運営のために私費を積み立てる個人名義の口座に入金されていた。小児科と産婦人科でも、救急搬送患者の受け入れに伴って府などから支払われる計約150万円が同様に個人口座で管理されていた。

 これらの口座の現金は、医局の備品や医師の夜食などの購入費のほか、懇親会費やタクシー代などに使用されていた。病院は約360万円を「不適切な経理」とし、医局から大学会計への返金を求めている。

 大学は「不適切との認識はなかったようだが、社会的には受け入れられない」としており、再発防止を徹底するという

「産経WEST」のランキング