産経WEST

名古屋のイケメンゴリラ、絵本に 絶滅危惧種の保護PR

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


名古屋のイケメンゴリラ、絵本に 絶滅危惧種の保護PR

 名古屋市千種区の東山動植物園でイケメンだと人気のニシローランドゴリラ、シャバーニが絵本の主人公になった。作者の岡田新吾さん(52)は「親子で楽しみながら、動物を理解して好きになってほしい」と話す。ニシローランドゴリラは絶滅危惧種に指定されており、絶滅の危機にある動物を広く知ってもらうのが狙いだ。

 絵本の題名は「シャバーニだいすき」。シャバーニが男の子と双子の女の子を家に招き、一緒に遊ぶ話だ。絵を担当したイラストレーターの宮崎一人さん(45)が、イケメンゴリラを表情豊かに描いている。

 出版元の三恵社は「絶滅動物園プロジェクト」としてニシローランドゴリラをはじめ、日本で1頭しかいないソマリノロバなど、同園にいる絶滅危惧種の写真集を4月に出している。絵本はプロジェクトの一環。

 定価1512円。問い合わせは三恵社((電)052・915・5211)。

「産経WEST」のランキング