産経WEST

【井上章一の大阪まみれ】「反読売」元祖は阪神ちがいます

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【井上章一の大阪まみれ】
「反読売」元祖は阪神ちがいます

 かつて、南海軍、南海ホークスという球団があった。南海電鉄にささえられたチームである。今は福岡へ拠点をうつし、ソフトバンクホークスになっている。

 戦前の職業野球時代には、それほどめだった成績をのこせていない。だが、敗戦後のプロ野球復興期には、力強く生まれかわっている。一九四六年と一九四八年に優勝し、大阪や和歌山の野球好きを、よろこばせた。

 強さの秘訣(ひけつ)は、なんといっても別所という大投手を擁したところにあったろう。だが、このエースを、一九四九年に読売ジャイアンツはひきぬいている。そして、戦後初のペナント奪取に成功した。読売は南海からうばった看板選手の力もかりて、優勝したのである。

 これで、南海のひいき筋は、読売にたいする反感をつのらせた。アンチ・ジャイアンツという心意気を、そして東京への敵愾心(てきがいしん)をたかぶらせている。

 大阪人が野球にこういう気持ちをいだいたのは、この時が最初であったろう。今は、阪神タイガースが、読売なにをするものぞという感情を、かきたてていると思う。しかし、それをはじめて関西人のあいだに喚起させたのは、南海である。

続きを読む

「産経WEST」のランキング