産経WEST

名古屋の興正寺、6億円申告漏れ 前住職の申告不備

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


名古屋の興正寺、6億円申告漏れ 前住職の申告不備

 高野山真言宗の八事山興正寺(名古屋市)が名古屋国税局の税務調査を受け、平成27年3月期までの3年間に約6億5千万円の申告漏れを指摘されたことが分かった。重加算税の対象となる悪質な仮装・隠蔽行為はなく、無申告加算税などを含め追徴税額は約8500万円に上るもようだ。

 興正寺では土地を勝手に売却したとし、総本山の金剛峯寺(和歌山県高野町)が26年に住職だった梅村正昭氏を罷免し、新住職に添田隆昭氏を任命。だが梅村氏が「罷免は無効」とし寺にとどまり、裁判に発展するなど内紛が続いている。

 関係者によると、税務処理は帳簿を保有する梅村氏がしており、27年3月期は無申告だった。国税局は添田氏側に追徴税額を通知したとみられる。

 添田氏は取材に対し、既に修正申告したとし「どんな会計処理だったのか確認できないが、指摘を受け入れた」と説明。一方、梅村氏の代理人は「コメントできない」と話している。

 国税局は、寺が経営コンサルタント業者に支払った再開発に関する業務委託料について収益事業の経費と認めなかった。梅村氏への人件費なども収益事業の経費ではなく宗教活動での支出だと指摘したもようだ。

「産経WEST」のランキング