産経WEST

【動画】土用の丑の日にはやっぱりウナギ 「うまいものはうまい」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
土用の丑の日にはやっぱりウナギ 「うまいものはうまい」

土用丑の日、大阪・黒門市場の「ふな定」では次から次へとウナギが焼かれていった=30日午前、大阪市中央区(前川純一郎撮影) 土用丑の日、大阪・黒門市場の「ふな定」では次から次へとウナギが焼かれていった=30日午前、大阪市中央区(前川純一郎撮影)

 「土用の丑」の30日、大阪・日本橋の黒門市場では朝早くから、ウナギのかば焼きを求める買い物客らの姿が見られた。

 創業90年以上になる「ふな定」では平日の約20倍にあたる約千尾の国産ウナギを用意。午前5時から店主の楠木光威さん(71)の家族ら5人がフル稼働して、店先に食欲をかき立てるおいしいにおいを漂わせていた。

 近年は稚魚の激減で価格が高騰し、“高根の花”となっていて、代替として食感を似せたナマズのかば焼きが開発されるなど、ウナギ離れも叫ばれている。

 同店も、昨年並みの1尾1800~3500円で販売。ただ、楠木さんは「うまいものはうまい。土用の丑の日に求める人は今も多い」と自信をのぞかせる。

 買い求めた同市浪速区の狩野冨子さん(89)も「昔からのしきたりなので買いに来た。やっぱり国産ウナギですね」と話していた。

「産経WEST」のランキング