産経WEST

【藤浪を考える(下)】藤浪の不振は「心」の問題にあらず

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【藤浪を考える(下)】
藤浪の不振は「心」の問題にあらず

藤浪晋太郎を指導する阪神・香田勲男投手コーチ=23日、マツダスタジアム(安部光翁撮影) 藤浪晋太郎を指導する阪神・香田勲男投手コーチ=23日、マツダスタジアム(安部光翁撮影)

 阪神の若きエース、藤浪晋太郎(22)の不振は「心」の問題にあらず。阪神OBの江本孟紀氏は、3年間の疲労の蓄積とトレーニングの失敗だという。

 「ルーキーでもベテランでも疲労は同じ。200イニング近く投げれば肩や肘はボロボロ状態。本来ならシーズンが終了したら1、2カ月はボールを投げず、治療に専念しなければいけない。若いから鍛えろ? とんでもない話だ」

 昭和60年代、球団は秋季練習を終えると、1年間フルに働いた投手、野手たちを勝浦温泉(和歌山)で1カ月近く「温泉治療」させた。鍼(はり)、灸(きゅう)、電気、マッサージ…あらゆる技術を使って疲れを取った。だが、そんなすばらしい制度も「12月や1月まで球団に縛り付けられたくない」というプロ野球選手会全体の大きな流れの中で消滅。以後は選手個人で-という形になってしまった。

 「オフに遊びたい気持ちはよく分かる。でも、商売道具だからね。どうやって肩や肘をケアしたらいいのか。オレたちの時代は小山(正明)さんや金田(正一)さんたち先輩が教えてくれた。田淵(幸一)さんからも毎年『エモ、一緒に来い』と温泉に誘ってもらった。今の若い子たちには、そんな先輩もいない」

 藤浪は昨シーズン中盤から右肩に違和感を覚えながら投げていたという。10月19日、大阪市内の病院で検査をうけ「右肩関節周囲炎」と診断され、2、3週間の投球禁止令。そして11月の秋季キャンプに参加した。この時点で治療に専念していれば…。

エモやん激白「筋トレ落とし穴。走り込みさえ…」

このニュースの写真

  • 藤浪の不振は「心」の問題にあらず

「産経WEST」のランキング