産経WEST

【動画・JR福知山線脱線事故】脱線現場のマンション上層階、一部解体始まる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画・JR福知山線脱線事故】
脱線現場のマンション上層階、一部解体始まる

解体工事が始まったJR福知山線脱線事故の現場マンション =27日午前11時、兵庫県尼崎市(本社ヘリから、柿平博文撮影) 解体工事が始まったJR福知山線脱線事故の現場マンション =27日午前11時、兵庫県尼崎市(本社ヘリから、柿平博文撮影)

 兵庫県尼崎市のJR福知山線で平成17年4月、列車が脱線し乗客106人が死亡した事故で、列車が衝突したマンションの一部を解体、保存する工事が27日、始まった。現場には、建物全体の保存を求める遺族らも訪れ、じっと作業の行方を見守っていた。

 防音壁で覆われたマンションには約30人の作業員らが入った。午前10時20分ごろ、屋上部分をカッターで切り出す作業が始まると、周辺には金属音が響き渡った。

 JR西日本は事故現場一帯を慰霊施設として整備する方針で、今年1月に着工。マンションは、遺族や負傷者へのアンケートを経て、9階建てのうち衝突跡を含む4階までを階段状に残す計画が決まっていた。

 一方、遺族らの中には建物全体の保存や撤去を求める声もあり、この日も全部保存を訴える遺族がのぼりを掲げるなどして、工事への反対を訴えた。

 マンション東側では、慰霊碑などの設置工事も進められる。JR西は30年夏ごろの工事完了を目指すとしている。

このニュースの写真

  • 脱線現場のマンション上層階、一部解体始まる
  • 脱線現場のマンション上層階、一部解体始まる
  • 脱線現場のマンション上層階、一部解体始まる
  • 脱線現場のマンション上層階、一部解体始まる

「産経WEST」のランキング