産経WEST

チラシに「米軍NO!」の戦争展、奈良市が後援取り消し 「中立性損なう」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


チラシに「米軍NO!」の戦争展、奈良市が後援取り消し 「中立性損なう」

問題となった告知チラシ。市民が米軍や星条旗に向けて「NO!」と突きつけている=奈良市 問題となった告知チラシ。市民が米軍や星条旗に向けて「NO!」と突きつけている=奈良市

 奈良市の仲川げん市長は26日の定例会見で、市の生涯学習センターで28日から開催される「平和のための奈良市戦争展」について、市の後援を取り消したことを明らかにした。告知チラシのイラストが「政治的中立性を損なう恐れがある」ためとしている。

 同展は、市教職員組合など12団体でつくる「平和のための奈良市戦争展実行委員会」が毎年開催し、今年で23回目。戦争に関するパネルや戦争遺品の展示、戦争体験談やDVD放映などを予定しており、同市と市教委が毎年後援してきた。

 市によると、後援申請は5月にあり、申請を受けて人権政策課が実行委と企画内容を協議のうえ、6月22日に承認。だが、今月に入ってから告知チラシを見た市民から「政治的に中立ではない」などの苦情が市に寄せられた。

 チラシの内容を確認したところ、米軍に市民が「NO!」というイラストが描かれていたため、「市の政治的中立性を損なう恐れがある」として今月22日に後援を取り消した。市教委も対応を協議中で、27日にも結論を出すという。

 仲川市長は「イラストが『在日米軍はダメ』というニュアンスとなっているのが問題となった。政治色が色濃く出ているものは後援できない、という判断だ」とした。

「産経WEST」のランキング