産経WEST

5人殺害、改めて無罪主張…山口・周南の事件、控訴審

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


5人殺害、改めて無罪主張…山口・周南の事件、控訴審

 山口県周南市の集落で平成25年、住民5人を殺害したとして、殺人と非現住建造物等放火の罪に問われ、山口地裁の裁判員裁判で死刑判決を受けた無職、保見光成被告(66)の控訴審初公判が25日、広島高裁(多和田隆史裁判長)で開かれ、弁護側は1審に続き無罪を訴えた。検察側は控訴棄却を求め、即日結審した。判決は9月13日。

 1審判決では、妄想性障害があったと認めつつも「完全責任能力があった」と認定。控訴審で弁護側は、仮に保見被告が犯人であった場合でも、「心神喪失か心神耗弱が認められるべきだ」と主張した。

 昨年7月の1審判決によると、13年7月、近所の貞森誠さん=当時(71)=夫妻や、保見被告宅の隣に住む女性の頭などを木の棒で殴るなどして殺害。2軒に放火し、集落の別の男女2人も殺害した。

「産経WEST」のランキング