産経WEST

【ポケモンGO】任天堂株が急落、「業績への影響は限定的」ポケモノミクスに一服感

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ポケモンGO】
任天堂株が急落、「業績への影響は限定的」ポケモノミクスに一服感

 25日午前の東京株式市場で任天堂の株価が急落した。22日に国内配信が始まったスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」への期待から株価は急騰していたが、任天堂が22日夜に「連結業績に与える影響は限定的だ」と発表。失望した投資家が一気に売りに回り、一時、前週末終値から5千円近く下げ、2万3千円台前半で取引された。

 午前終値は前週末終値比4815円安の2万3405円だった。 

 ゲームとの連携を発表した日本マクドナルドホールディングスや、子会社が「ポケットモンスター」のアニメを制作するイマジカ・ロボットホールディングスといった関連銘柄の株価も軒並み下落。市場関係者が「ポケモノミクス」と呼んだ活況に一服感が出てきた。

 任天堂株はポケモンGOの海外での爆発的な人気を受け、年初来安値だった6月28日の1万3360円から今月19日に一時3万2700円まで急伸した。

 株価急落に対し、証券アナリストは「任天堂が持つ開発力が見直されたと考えれば、中長期的には業績に与える影響は大きいはずだ」と分析。今後の業績改善や株価上昇に期待した。

「産経WEST」のランキング