産経WEST

【関西プチ遺産】激流のみ込み奈良盆地潤す吉野川分水「下渕頭首工」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西プチ遺産】
激流のみ込み奈良盆地潤す吉野川分水「下渕頭首工」

奈良盆地へ水を注ぐ吉野川分水=奈良県大淀町 奈良盆地へ水を注ぐ吉野川分水=奈良県大淀町

 大淀病院の前(南側)あたり、吉野川に大きな堰(せき)が構築されている。本流から分岐した激流がトンネルに吸い込まれていく。ここは奈良盆地に水を供給する人工水路・吉野川分水の取水口。正式名称は下渕頭首工(しもぶちとうしゅこう)という。

 トンネルの先、北の方向、山の向こうは奈良盆地。地図で確認すると、ここから北西方面に一直線にトンネルは進み、約3キロ先で水路はわずかに地上に顔を出すが、ふたたび北に向きをかえたトンネルに吸い込まれ、JR・近鉄の「吉野口」駅の北東700メートル程の所で北西と北東へ二股に分かれる。盆地の縁(へり)にたどり着くまではほとんどがトンネルの中。盆地に入ると、どんどん枝分かれし、毛細血管のようになった水路が水田を潤す。

 奈良盆地は古くから開けた土地であるが、降水量は少ない。水を確保しなくては水田の経営はできない。そのため六千数百カ所ものため池がつくられ、水不足に対応してきた。一方、奈良県南部、大台ケ原一帯は日本でも有数の降水量の地。奈良県内に降った雨は吉野川(紀の川)となって和歌山県へと流れ出る。江戸時代以来、吉野川の水を奈良盆地に引けないかと考えられてきた。奈良県側は度々和歌山県側と交渉したが、まとまったのは昭和25(1950)年のこと。吉野川上流にダムを建設し、水量を確保しつつ吉野川から奈良盆地へ水を供給するといった内容。昭和25年以降、ダム建設を先行させながら、分水路の工事を進め、総延長336キロの水路を含む全ての工事が完成したのは昭和62年。

 吉野川から分水路を通じて奈良盆地に水が供給されるのは水田の時期の6月から9月まで。(伊藤純・大阪歴史博物館)

「産経WEST」のランキング