産経WEST

外国人のレンタカー事故多発 標識・ルール不慣れ… 国など対策本腰

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


外国人のレンタカー事故多発 標識・ルール不慣れ… 国など対策本腰

外国人観光客で混雑する関西空港のレンタカーカウンター=大阪府泉佐野市 外国人観光客で混雑する関西空港のレンタカーカウンター=大阪府泉佐野市

 ■事故率日本人の3倍

 訪日外国人の玄関口・関西国際空港で窓口を構えるレンタカー各社によると、外国人観光客のレンタカー利用は平成25~26年ごろから増え始めた。外国人に月約500台を貸す大手の店舗では、以前は事故はほぼゼロだったが、最近は20件を超える月もある。

 また、利用者の7~8割が外国人という別の大手店舗でも、外国人に月400~500台を貸し出す一方、月10~20件の事故が発生。月100~200台を貸す店舗でも月10件以上の事故が起きており、担当者は「事故率は日本人の3倍以上」と嘆いた。

 各社によると、不慣れな右ハンドルによる左折時の巻き込み事故や駐車場での物損事故が目立つ。ある店舗の担当者は「物損事故の無申告や事故車の『休業補償』の支払い拒否なども多い」と打ち明けた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング