産経WEST

児童虐待相談件数が過去最多6023件、身体的虐待が急増…「防ごうという意識高まっている結果」 27年度の滋賀県

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


児童虐待相談件数が過去最多6023件、身体的虐待が急増…「防ごうという意識高まっている結果」 27年度の滋賀県

 滋賀県内の自治体などに寄せられた児童虐待に関する相談件数が、昨年度は6023件にのぼり、過去最多となったことが県のまとめで分かった。7年連続で増加しており、県子ども・青少年局は「虐待を防ごうという社会の意識が高まっている結果」と分析。各市町の担当部署との連携を強め、保護者の支援に当たるなどして虐待防止を目指す方針。

 統計は草津、彦根両市にある県子ども家庭相談センターと、各市町が受け付けた児童虐待の相談件数を対象に集計。虐待だと判断できなかったり、相談先が重複していたりしたケースは除いた。この結果、昨年度の相談件数は前年度の5943件から80件増加した。

 内訳をみると、育児放棄などのネグレクトが2041件(33・9%)で最も多く、次いで、心理的虐待=1979件(32・9%)▽身体的虐待=1912件(31・7%)▽性的虐待=91件(1・5%)-の順。前年度比では身体的虐待の増加件数が最も多く、140件増えた。

 センターに寄せられた通告は1332件で、前年度より190件増。「近隣・隣人」からの通告が578件と最も多く、43・4%だった。

続きを読む

「産経WEST」のランキング