PR

産経WEST 産経WEST

【エンタメよもやま話】コンピューター相手に不倫、だまされた会員3900万人…自殺者も出た「A・マディソン」を米当局が調査

 そのうえ今回、FTCの調査まで入りました。ちなみに、会員のプロフィルをコンピューターで作ったり、適当にでっちあげていたとしてFTCに目を付けられた英の出会い系サイト「JDIデーティング」は2014年10月、61万6165万ドル(約6161万6500万円)の和解金を支払う羽目になりました。

 ミラーシップCEOは前述のロイター通信に対し、現在、アシュレイ・マディソンは不倫系のサービスから距離を置き、ビジネスの転換を図っている最中であると同時に、志を同じくする“慎ましい出会い系サイト”との提携や買収のための資金として約5000万ドル(50億円)の資金を有していると説明し、復活に賭ける考えを示しました。

 いまも世界53カ国に計約3900万人の会員を抱えるアシュレイ・マディソン。世界は不倫したい人で溢(あふ)れているようですね。しかし、このサイトを介してせっせとメールでやり取りしていた“不倫相手”の多くがコンピューター・ソフトだったとは…。ちっとも笑えないSF映画のオチのようですなあ…。     (岡田敏一)

 ◇

 【プロフィル】岡田敏一(おかだ・としかず) 1988年入社。社会部、経済部、京都総局、ロサンゼルス支局長、東京文化部、編集企画室SANKEI EXPRESS(サンケイエクスプレス)担当を経て大阪文化部編集委員。ロック音楽とハリウッド映画の専門家。京都市在住。

 ◇

 ■毎週、日本を含む世界のエンタメの面白情報などをご紹介します。ご意見、ご要望、応援、苦情は toshikazu.okada@sankei.co.jpまでどうぞ。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ