産経WEST

綱つけない鵜飼復活へ 京都・宇治川 31年開始目指す

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


綱つけない鵜飼復活へ 京都・宇治川 31年開始目指す

海鵜のウッティー=京都府宇治市(志儀駒貴撮影) 海鵜のウッティー=京都府宇治市(志儀駒貴撮影)

 「宇治川の鵜飼(うかい)」を開催している京都府宇治市の同市観光協会は19日、人工孵化(ふか)させた海鵜の「ウッティー」による「放ち鵜飼」を平成31年に実施する構想を明らかにした。鵜をつなぐ「追い綱」をつけずに鵜を放って漁をさせる技法で、国内では13年に途絶えたとされている。来年からトレーニングを始め、再来年には試験的に実施、31年の開始を目指す。

 人工孵化で人慣れさせた10羽程度で行うことを検討している。これまで、人工孵化で誕生した鵜は、すべて「ウッティー」と名付けているが、これも放ち鵜飼での合図に一斉に反応してもらうためという。

 同協会によると、昨年までに人工孵化で誕生した3羽は、一昨年のウッティーがメスで、昨年の2羽はオスとメスだったことが判明。今年は5羽が誕生し、うち2羽が成長している。

「産経WEST」のランキング