産経WEST

大阪取引所 時間拡大で投資家呼び込み 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪取引所 時間拡大で投資家呼び込み 

 日本取引所グループ(JPX)の大阪取引所(大阪市中央区)が導入する新しい売買システム「J-GATE」が、19日に稼働する。投資家が取引に参加できる時間を大幅に延長するほか、不適正な取引を防ぐ仕組みを取り入れて安全性を高める。また、新たに4商品を導入。注文の処理速度もスピードアップし、海外を含めて幅広い投資家に参加をアピールする。

 取引時間の延長をめぐっては、投資を呼び込もうと世界各国の取引所間で競争が進んでおり、大阪取引所も対抗する。日中の取引開始は従来の午前9時から同8時45分に早める。日銀短観など国内の主要経済指標は通常、8時50分に発表されるため、発表をにらんで取引ができるようになる。

 また、夜間取引の終了時刻は従来の午前3時から同5時半に延長する。ニューヨーク証券取引所では日本時間午前5時(現地夏時間)まで取引されるが、大阪ではその後も取引を継続できるようになる。

 一部の商品には、取引開始直後と終了直前の1分間は注文を取り消しできない仕組み「ノンキャンセル・ピリオド」を取り入れる。大量の買い注文を出して取り消し、株価をつり上げる行為を防ぐためだ。誤発注トラブルを防ぐ発注制限の仕組みも導入する。

続きを読む

「産経WEST」のランキング