産経WEST

【速報(11)PL最後の夏】ついに夏が終わった 見せ場作るも力尽きる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【速報(11)PL最後の夏】
ついに夏が終わった 見せ場作るも力尽きる

【高校野球大阪大会 東大阪大柏原対PL学園】 懸命に声援を送ったPL学園の生徒。最後まで勝利を信じて…=15日、大阪府東大阪市の花園中央公園球場(門井聡撮影) 【高校野球大阪大会 東大阪大柏原対PL学園】 懸命に声援を送ったPL学園の生徒。最後まで勝利を信じて…=15日、大阪府東大阪市の花園中央公園球場(門井聡撮影)

 ついに、その夏が終わった。今夏限りでの休部が決まっている高校野球の名門・PL学園硬式野球部が15日、大阪府東大阪市の花園球場で第98回全国高校野球選手権大阪大会2回戦、東大阪大柏原との試合を行い、6-7で敗れた。3年生が引退となり、今後休部となる。

 平成23年夏に大阪大会を制している強豪・東大阪大柏原相手に試合は序盤から点の取り合いになり、七回には藤村の2ランでいったんは6-5と逆転。だが、その後柏原の粘り強い攻撃に失点を重ね、八回に近藤のタイムリーで勝ち越された。

 春夏合わせて7度の全国制覇や昭和58年夏から5回連続で甲子園に出場した清原和博、桑田真澄の「KKコンビ」など高校野球史上に一時代を築いたが、26年秋に翌年度からの新入部員募集停止を決定。この夏は3年生部員12人(登録は11人)で迎えた。今後も部員募集復活のメドはみえず、「PL GAKUEN」のユニホームが高校野球から姿を消す可能性がある。

◎大阪大会2回戦=花園

PL学園   200002200=6

東大阪大柏原 23000011×=7

【九回表】PL学園

9番 森実 投ゴロ

1番 谷口 右飛

2番 原田 右飛 試合終了

【八回裏】東大阪大柏原

3番 住谷 ストレートの四球 無死一塁

《捕手がマウンドへ》

4番 寺西 四球 無死一、二塁

5番 高橋 投前犠打 1死二、三塁

《捕手がマウンドへ》

6番 梶応 敬遠 1死満塁

7番 近藤 中前安打 1人生還で勝ち越し 1死満塁

8番 遊ゴロ本塁返球で併殺 チェンジ

【八回表】PL学園

続きを読む

「産経WEST」のランキング