産経WEST

大阪・天王寺で真田丸ゆかりの名所・旧跡をたどろう! 区が「真田幸村めぐルート」作成

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪・天王寺で真田丸ゆかりの名所・旧跡をたどろう! 区が「真田幸村めぐルート」作成

 NHK大河ドラマ「真田丸」などで戦国武将・真田幸村がブームとなる中、大坂の陣の舞台にもなった大阪市天王寺区に残るゆかりの名所、旧跡をたどれる「真田幸村めぐルート」を区がつくった。歴史あふれる区の魅力を知ってもらうのが狙いで、英語や中国語など4カ国語で記した案内板を設置。ルートを示したチラシを区役所などで配布したところ、早速増刷の要望が舞い込むなど評判は上々だ。(芦田彩)

 JR天王寺駅の公園口近くに設置された青色の案内板。高さ約2・2メートル、幅約1メートルで、幸村終焉(しゅうえん)の地とされる安居神社や、大坂冬の陣で徳川家康が本陣を置いたとされる一心寺などの行き方が地図とともに矢印で分かりやすく表示されている。英語、中国語、韓国語の表記もあり、外国人観光客にも分かりやすい。

 区は大坂の陣400年に合わせて地域の魅力を発信しようと、平成26~27年にイベント「天王寺真田幸村博」を実施。今年は1月からNHK大河ドラマ「真田丸」が始まったこともあり、さらに区の歴史を知ってもらおうと企画した。

 めぐルートは、慶長19(1614)年の大坂冬の陣で幸村が築いた大坂城の出城「真田丸」跡地周辺の「真田山エリア」と、同20(1615)年に大坂夏の陣で幸村の本陣があったとされる「天王寺エリア」の2種類。

 真田山エリアは、幸村が大坂城まで掘らせたとされる「真田の抜穴跡」が残る三光神社▽幸村が境内のエノキの木に鎌を打ち付けて必勝を祈願した円珠庵▽平成26年に幸村の墓が建立された心眼寺-など6カ所。天王寺エリアは、石鳥居前が決戦の地となった四天王寺▽幸村が本陣を構えた茶臼山▽幸村の銅像が建つ安居神社-など5カ所をそれぞれめぐることができる。

続きを読む

「産経WEST」のランキング