産経WEST

おおさか維新、党名変更を正式決定 名称は今後協議

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


おおさか維新、党名変更を正式決定 名称は今後協議

おおさか維新の会の常任役員会後、記者の質問に答える松井代表。右は馬場幹事長=12日午後、大阪市の党本部 おおさか維新の会の常任役員会後、記者の質問に答える松井代表。右は馬場幹事長=12日午後、大阪市の党本部

 党名変更を検討しているおおさか維新の会は12日、大阪市内の党本部で常任役員会を開き、党名から「おおさか」を外すことを正式に決めた。新党名については、全国の地方議員らから意見を募り、それを基に改めて役員会で協議。8月23日に開く臨時党大会で最終決定するという。

副代表に、「旧みんなの党代表」渡辺喜美氏

 常任役員会終了後、代表の松井一郎大阪府知事は記者団に「大阪の改革を全国に広めるために、一度は『おおさか』という名前で国政選挙を戦いたいと思っていた」としつつ、「これ以上やると、大阪のための国政政党かと全国でとらえられてしまう」と党名変更の理由を説明。そのうえで、「『おおさか維新』という名前で(今回の)選挙を戦ってくれた人たちの声を聞きたい」と述べ、全国の地方議員から意見を聴く必要性を強調した。

 おおさか維新は参院選で選挙区に10人を擁立。しかし、当選は大阪と兵庫の計3人にとどまり、松井氏は投開票日の10日に党名変更の可能性を示唆していた。党内では、前代表の橋下徹前大阪市長が平成24年に設立した「日本維新の会」の復活や、「維新の会」への変更を求める声が上がっている。

続きを読む

「産経WEST」のランキング