産経WEST

【関西の議論】昼は介護職、夜はデリヘル嬢-施設のお爺さんの方がエロい!? 高齢者の性と風俗に走らざるを得ない介護現場の闇

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
昼は介護職、夜はデリヘル嬢-施設のお爺さんの方がエロい!? 高齢者の性と風俗に走らざるを得ない介護現場の闇

インタビューに答える家田荘子さん。介護現場の大変さを、特に政治家に知ってほしいという インタビューに答える家田荘子さん。介護現場の大変さを、特に政治家に知ってほしいという

 「昼、介護職。夜、デリヘル嬢。」-。過激なタイトルだが中身はシリアスである。高野山真言宗僧侶でもある作家、家田荘子さんが過酷な介護現場への潜入取材やインタビューを重ねて書き上げた渾身のルポルタージュ。女性介護士らは低賃金にもかかわらず3Kといわれる重労働や日常的に受けるセクハラに耐え続けている。介護職だけでは食べていけず、中にはやむなくデリバリーヘルスなど風俗の副業を持つ女性も。それでも「介護の仕事が好き」と言い切るのだ。彼女らの姿からは高齢化社会の暗部も見えてくる。(古野英明)

背に腹は代えられず熟女専門のデリヘルへ

 「デリヘルのお客さんより、施設のお爺さんの方がエロいんです」

 家田さんのインタビューにこう答えたのは、広島の48歳の女性。この言葉には、あまり表には出てこない介護現場の深刻な問題が含まれているのだが、それは後に詳述する。

 女性は18年前、30歳のときに会社員の夫と離婚、3人の子供を引き取った。しばらく会社勤めをした後、介護ヘルパーの資格を取り施設で正社員として働き出す。月収は18万円。夜に水商売のバイトをしながらなんとか家計をやりくりしてきた。

 その店が1年前につぶれた。50歳近い女性を新規で雇ってくれるようなクラブはなく、子供の学費はますますかさむ…。「背に腹は代えられない」。女性はついに熟女専門のデリヘルで働くようになった。

体が動かないはずなのに襲われそうに…90超えて衰えぬ男性の性欲

 風俗の仕事のことは何も分からず、店や客から教わりながら覚えていった。不器用ながらも懸命にサービスをしているうちに、本番を迫る客をうまくかわす術も学んでいった。やがて女性は、店に来る客よりも、正業の介護の現場で接している老人たちの方がよほどスケベだということに気づく。女性が証言した介護現場でのセクハラの実態は衝撃的だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 昼は介護職、夜はデリヘル嬢-施設のお爺さんの方がエロい!? 高齢者の性と風俗に走らざるを得ない介護現場の闇

「産経WEST」のランキング