産経WEST

ドアノブはずして個室に閉じ込め 京都の障害者施設、市が虐待と判断し改善指導

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ドアノブはずして個室に閉じ込め 京都の障害者施設、市が虐待と判断し改善指導

 京都市左京区の知的障害者支援施設「わかば」で、個室4室のドアノブを取り外し、内側から開閉できない閉じ込め状態にしていたことが5日、京都市への取材で分かった。市は6月下旬に特別監査を実施し、障害者虐待防止法に基づき、「虐待」と判断。閉じ込めをやめさせ、改善を指導した。

約1年半の場合も…同意を得た記録なし

 市によると、ドアノブがはずされていたのは、20~50代の男女4人の個室で、2部屋は食事や入浴時などは施設側の判断でドアを開閉し、常態的に部屋から出られない状態にしていたという。残る2部屋は夜間などははずし、昼間はドアノブをつけていたという。施設側は20代男性に対しては、約1年半前から行っていたと説明している。

 障害者虐待防止法では、切迫している、他に手段がない-など3要件を満たす場合以外の身体拘束を禁じている。要件を満たせば一時的な行動制限は認められるが、本人・家族への説明や拘束理由や時間などの記録が必要。わかばでは、拘束の理由や時間は記録されておらず、同意を得た記録もなかったが、施設側は「口頭で承諾を得た」などと説明しているという。

続きを読む

「産経WEST」のランキング