産経WEST

「リオ五輪でいい走りを」陸上100メートル・桐生選手の激励会 滋賀・彦根の母校で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「リオ五輪でいい走りを」陸上100メートル・桐生選手の激励会 滋賀・彦根の母校で

彦根南中在校生から激励の花束を受け取る桐生選手=4日午前、滋賀県彦根市 彦根南中在校生から激励の花束を受け取る桐生選手=4日午前、滋賀県彦根市

 リオデジャネイロ五輪陸上男子100メートルの日本代表に決まった桐生祥秀選手(20)=東洋大=が4日、帰省の合間をぬって母校の滋賀県彦根市立南中学校(同市甘呂(かんろ)町)を訪れ、激励会に参加した。

 この日、体育館で全校生徒約840人に迎えられた桐生選手は、同市の大久保貴市長から激励を受け、生徒から花束の贈呈を手渡された後、「リオ五輪ではいい走りをしたい」と決意を語った。

 桐生選手は同市出身。小学校までサッカーをしていたが、中学で陸上部に入部後頭角を現し、陸上の強豪、洛南高(京都)に進学。3年のときに10秒01のタイムを出し、一躍注目を集めた。

 今年6月25日、リオ五輪代表選考会を兼ねた陸上の第100回日本選手権で男子100メートル決勝に挑み、10秒31で3位となり、日本陸連の選考基準を満たして初の五輪代表に決まった。

「産経WEST」のランキング