産経WEST

【ビジネスの裏側】関電、CM復帰…「佐々木蔵之介」で大ガス「大沢たかお」に対抗 ブランドステートメントで勝負

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
関電、CM復帰…「佐々木蔵之介」で大ガス「大沢たかお」に対抗 ブランドステートメントで勝負

雑誌に掲載された、佐々木蔵之介さんが出演する関西電力の広告。ブランドステートメント「power with heart」を訴える 雑誌に掲載された、佐々木蔵之介さんが出演する関西電力の広告。ブランドステートメント「power with heart」を訴える

 関西電力が、テレビなどのコマーシャル(CM)に関西出身の人気俳優、佐々木蔵之介さんを起用し、東日本大震災以降控えていた宣伝活動も再開した。3月に企業価値を端的に表現するブランドステートメントとして、「power with heart(パワー・ウィズ・ハート)」を定めた関電。ブランドステートメントを策定するのは65年の歴史で初めてで、4月からの電力小売り全面自由化を受け、新しい前向きな関電を印象づけ、競争を勝ち抜こうと懸命だ。(牛島要平)

佐々木さんのプロ意識の高さを見習いたい?

 「電力自由化という新しい時代、関西電力も変わります」

 関電が4月にスタートさせたテレビCMで、白いシャツとジャケットに身を包んだ佐々木さんがそう訴える。「思いを込めて、真心を尽くして、お客さまや社会の力になりたい。エネルギーに新たな決意をのせて。power with heart 関西電力」。

 テレビやラジオのCMだけでなく、雑誌、ポスターなどの広告としても展開。ポスターは乗降客の多い大阪の駅ターミナルにも貼り出され、「変わる関電」を強く訴えかけた。

 CMを制作した関電広報室の松倉克浩・広報部長は「佐々木さんは京都出身で、関西ゆかりの人。好感度が高いのはいうまでもなく、舞台への強い熱意も、『力強さと優しさ』という関電の目指すイメージにぴったり」と話す。

続きを読む

「産経WEST」のランキング