産経WEST

【鹿児島県知事選】元テレビ朝日コメンテーター・三反園氏と、現職・伊藤氏と大接戦

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鹿児島県知事選】
元テレビ朝日コメンテーター・三反園氏と、現職・伊藤氏と大接戦

 参院選と同じ10日投開票の鹿児島県知事選は終盤に入り、4選を目指す現職の伊藤祐一郎氏(68)と、新人で元テレビ朝日コメンテーターの三反園訓氏(58)の無所属2人が激しい戦いを繰り広げている。

 伊藤氏による県政継続か刷新かが主な争点。自民党が谷垣禎一幹事長や閣僚を応援に派遣するなど「公認並み」の態勢で伊藤氏を後押しするのに対し、民進、社民両党の支援を受ける三反園氏は、伊藤氏に批判的な一部の保守層も取り込んでいる。

 九州電力川内原発(薩摩川内市)の稼働の是非も論点で、伊藤氏が安全性を強調する一方、三反園氏は熊本地震の影響を点検するため一時停止を主張している。

 伊藤氏は、3期12年で県財政を改善させた実績を売り込む。「これからの鹿児島には多大な行政能力と知識が必要」と集会を中心に訴え、かじ取り続行に信任を呼び掛けている。陣営には公明党の県議団も加わる。

 三反園氏は、鹿児島の農畜産物のブランド化推進による県民所得向上を掲げる。街頭活動を軸に「トップが変われば鹿児島が変わる。『新しい鹿児島』をつくる戦いだ」と力説している。反原発の市民団体も応援する。

「産経WEST」のランキング