産経WEST

もりが頭に刺さり男子中学生死亡、奈良県警が弟逮捕…川遊び中に「投げたら当たった」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


もりが頭に刺さり男子中学生死亡、奈良県警が弟逮捕…川遊び中に「投げたら当たった」

 2日午後3時45分ごろ、奈良県東吉野村の高見川で遊んでいた男子中学生の頭に、弟が投げたもりが刺さり、病院に運ばれたが死亡した。県警桜井署は傷害容疑で、奈良県内に住む中学生の弟を現行犯逮捕した。

 桜井署によると、「友達にもりを貸すつもりで投げたら当たってしまった」と供述している。

 桜井署によると、兄弟は母親と友人2人の計5人で川遊びをしていた。弟は友人の1人に「もりを貸して」と言われて投げたが、付近にしゃがんでいた兄の頭を直撃した。同署は弟の手元が狂ったとみて詳しい原因を調べる。

 もりは長さ約2メートルの竹製。先端の刃は金属製で長さ約10センチという。

 逮捕容疑は、一緒に川遊びをしていた兄に手製のもりを投げ、頭にけがをさせたとしている。

「産経WEST」のランキング