産経WEST

【世界からみるWEST】韓国“バッテリー王国”の期待は泡と消え…テスラCEO「パナだけ使う」とつぶやく

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界からみるWEST】
韓国“バッテリー王国”の期待は泡と消え…テスラCEO「パナだけ使う」とつぶやく

テスラのマスク最高経営責任者(CEO) テスラのマスク最高経営責任者(CEO)

 つまり、テスラは2003年の設立当初からパナソニック製品を使用しているなど関係が強く、モデル3にはLG化学など韓国勢が生産しているパウチ型とは違う円筒形バッテリーが使われていることを理由とした。しかも円筒形バッテリーは、生産原価は安いが軽量化が難しく、耐久性や安定性などが相対的に弱いとされているとわざわざ弱点にまで言及している。

期待も一瞬で…

 こうしたあきらめムードが一転したのは6月に入って「テスラがEV用蓄電池として、サムスンSDIの製品の使用を検討している」と一部で報じられたからだ。

 ロイター通信など海外メディアも相次ぎ報じ、日本経済新聞もテスラがサムスンSDIからEV用蓄電池を調達する方向で最終調整-とする記事を掲載した。いずれも米国のテスラの開発拠点にサムスンSDIの蓄電池が配送され、その量がテスト用にしては大量だったというのを根拠とした。

 ところが「バッテリー王国」として巻き返しを図る可能性をひめた朗報との期待感は、テスラのマスク氏のツイッター1本で崩壊した。冒頭の通りモデル3などにはパナソニック製だけを使うと明言し、「ほかの記事はすべて間違い」としたのだ。このニュースは世界中を駆けめぐり、サムスンSDIの株価は1日で8%落ちた。

 ただ、マスク氏は「(家庭用エネルギー保存装置を作る)テスラエナジーのバッテリー供給企業はサムスンSDIの可能性があるということか」というブルームバーグの記者の質問に「YES」と答えた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 韓国“バッテリー王国”の期待は泡と消え…テスラCEO「パナだけ使う」とつぶやく
  • 韓国“バッテリー王国”の期待は泡と消え…テスラCEO「パナだけ使う」とつぶやく
  • 韓国“バッテリー王国”の期待は泡と消え…テスラCEO「パナだけ使う」とつぶやく

「産経WEST」のランキング