産経WEST

カカオトークで集合、空き巣行脚で荒稼ぎ→温泉三昧…少年含む5人を逮捕 京都府警など

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


カカオトークで集合、空き巣行脚で荒稼ぎ→温泉三昧…少年含む5人を逮捕 京都府警など

 住宅地で空き巣をしたなどとして、京都府警などは29日、窃盗や住居侵入などの疑いで、大阪市天王寺区の自動車販売業、福原和樹被告(22)ら22~24歳の男3人=窃盗罪などで起訴=と、同区の私立大1年の男子生徒(18)ら少年2人を逮捕したと発表した。いずれも容疑を認めている。5人は少なくとも京都や埼玉、群馬など10府県で約20件(被害総額約1千万円相当)の犯行を繰り返していたとみられ、京都府警などが裏付けを進めている。

 逮捕容疑は、それぞれ共謀し、4月14日、京都府精華町や京田辺市の民家に侵入し、現金約56万円やセカンドバッグを盗むなどしたほか、4月22日には群馬県高崎市の民家に侵入し、現金約38万円や指輪など43点(時価合計約380万円)を盗んだなどとしている。

 府警によると、5人は地元の友人などで、昨年12月ごろから少なくとも10府県を車で移動し、住宅街の留守中の民家を狙う同様の犯行を繰り返していたとみられる。

 5人は、無料通信アプリ「カカオトーク」を使って、隠語などでやりとりをして集合して車に乗り犯行を行っていた。犯行で得た金を使い、長野や栃木など、有名温泉地を巡るなどしていたという。

「産経WEST」のランキング