産経WEST

「永遠の愛を」富田林市の婚姻カード人気 市外の人も 市課長の長女がデザイン

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「永遠の愛を」富田林市の婚姻カード人気 市外の人も 市課長の長女がデザイン

富田林市で婚姻届を出した人に贈られるメッセージカード=富田林市役所 富田林市で婚姻届を出した人に贈られるメッセージカード=富田林市役所

 人口減少に悩む大阪府富田林市が、市内で婚姻届を出した人に贈るプレゼントに人気が集まっている。特製の「お祝いメッセージカード~TUNAGU(つなぐ)~」で、4月に始めて以降、今月27日までの間に82枚を発行した。市課長の長女でデザインを学ぶ大学生が、「永遠の愛」をイメージした花や草が織りなす輪を描き、市外在住者もこのカードを受け取るために婚姻届を出している。(藤崎真生)

 市が、婚姻届を提出する人たちに市に定住してもらおうと企画した。土井清美・市民窓口課長(50)の長女で、京都精華大3年でデザインを学ぶ彩加さん(20)がアイデアを練った。

 昨年12月、土井課長から作製を持ちかけられた彩加さん。着目したのは、「永遠の愛」が花言葉のつる性植物、アイビーだ。花嫁が頭に冠のようにつけることもあり、「花言葉が結婚を連想させるのにぴったり」と気に入り、絵柄に取り入れることにした。15回ほど描き直す念の入れようで、葉や花がつくる2つの輪をデザイン。イメージは「永遠の愛」のほか、「夫婦円満」や「縁」、「無限大」。カードには2人の名前や婚姻届提出日を記入でき、写真も貼れる。

続きを読む

「産経WEST」のランキング