産経WEST

民泊に泊まってみた……室内は快適、全てメールでやりとり、身元確認なし

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


民泊に泊まってみた……室内は快適、全てメールでやりとり、身元確認なし

 民泊仲介サイト「Airbnb(エアビーアンドビー)」で大阪市中央区に絞って検索すると、周辺地域も合わせて300件以上が表示された。価格は1泊4千~1万円が中心。このうちの1件に宿泊してみた。

 名前と電話番号、メールアドレスを登録して予約すると、すぐに家主から住所と案内図がメールで送られてきた。宿泊前日には、入り口のオートロックと、キーボックスの暗証番号がやはりメールで届いた。身元確認などはなかった。

 ミナミの繁華街まで徒歩圏内にある9階建ての新築マンション。部屋の玄関のドアノブにぶら下げてあった箱の中にカギが入っており、ドアを開けると「靴を脱いでお入りください」と、英語や中国語で書かれた紙が置いてあった。

 間取りは1DKタイプ。冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機などの家電に加え、食器や調理器具などもそろっている。掃除も行き届いており、快適に過ごせた。宿泊料金は清掃料込みで7500円。大阪府の担当者によれば、「こうした施設のほとんどが無許可」という。(大森貴弘)

「産経WEST」のランキング