産経WEST

名古屋城を木造化…河村市長「東京五輪までに」断念 アジア大会やリニア開業に合わせ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


名古屋城を木造化…河村市長「東京五輪までに」断念 アジア大会やリニア開業に合わせ

天守閣の木造化を目指す動きが出ている名古屋城 天守閣の木造化を目指す動きが出ている名古屋城

 名古屋城天守閣の木造化を目指す、名古屋市の河村たかし市長は27日、市議会経済水道委員会で完成時期について「アジア大会の平成38(2026)年やリニア開業の39(2027)年に見直すことも、名古屋にとって大きな起爆剤になり得る」と述べ、20年の東京五輪としていた目標を事実上断念した。

 河村氏はこれまで莫大な経済効果が見込めるとして平成32(2020)年の完成時期を強く主張。市は6月議会で復元に向けた約10億円の補正予算案を提出したが、同委員会で「時間をかけて議論すべき話で、拙速」と主要会派が反発していた。

 議会の多数会派は鉄筋鉄骨コンクリート造りの天守閣の木造化自体には賛同している。河村氏の歩み寄りによって、アジア大会の開催やリニア中央新幹線の開業に合わせた完成を目標に計画が本格的に動きだす見通し。

 市が5月に行った市民2万人を対象にしたアンケートでは約6割が木造復元に賛成。一方で、河村氏が主張する32年7月までの完成に賛成したのは約2割にとどまった。

「産経WEST」のランキング