産経WEST

性同一性障害「カミングアウトを強制された」 40代会社員、愛知ヤクルト工場を提訴

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


性同一性障害「カミングアウトを強制された」 40代会社員、愛知ヤクルト工場を提訴

 損害賠償を求める訴訟を起こし記者会見する、性同一性障害の愛知県の40代会社員(手前)=28日午後、名古屋市  損害賠償を求める訴訟を起こし記者会見する、性同一性障害の愛知県の40代会社員(手前)=28日午後、名古屋市

 性同一性障害の愛知県の40代会社員が28日、職場でカミングアウトを不当に強制されて精神的苦痛を受け、うつ病を発症したとして、勤務先の愛知ヤクルト工場(同県日進市)に330万円の損害賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こした。

 愛知ヤクルト工場は「当社の見解は裁判で明らかにしていく」とのコメントを出した。

 訴状によると、会社員は戸籍上男性だが平成26年1月に性同一性障害との診断を受けた。同5月に名古屋家裁が女性名への変更を認めたため、上司に健康保険証などの変更手続きを依頼した。職場では男性名で働きたいと要望する一方、更衣室は男性用を使わなくて済むように配慮を求めた。

 だが会社側は一方的に掲示物や名札を女性名に変えた上で、役員用更衣室などの使用を認める代わりに、同じ課の従業員の前でカミングアウトするよう強制した。会社員は6月中旬に朝礼で3回「性同一性障害で、治療には皆さまに迷惑がかかります。理解と協力をお願いします」との説明を強いられたという。

続きを読む

「産経WEST」のランキング