産経WEST

【関電株主総会詳報(2)】吉村大阪市長「なぜ大株主の意見聴く機会持たない!」 森会長「4分過ぎ、簡潔に…」にいら立ち

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関電株主総会詳報(2)】
吉村大阪市長「なぜ大株主の意見聴く機会持たない!」 森会長「4分過ぎ、簡潔に…」にいら立ち

西電力の株主総会に出席し、記者の質問に答える吉村洋文大阪市長=神戸市中央区(門井聡撮影) 西電力の株主総会に出席し、記者の質問に答える吉村洋文大阪市長=神戸市中央区(門井聡撮影)

 続いて、会場の株主からの質問が始まり、経営陣への厳しい追及が始まった。

 京都市の門川大作市長が4点の要求をした。

 「1点目、中長期に脱原発を果たすこと。2点目、再生可能エネルギーの飛躍的な拡大を強力に推進する。3点目、原発をやむを得ず動かすとしても、万全の安全性を確保し、住民の理解を得て、必要最小限の稼働にとどめる。4点目、2度にわたる値上げは経済活動を直撃している。安価で安定した電力供給へ一層の経営改革を求める」

 八木社長「電力の安全・安定供給のため、各種電源の特性を踏まえ、バランスのよい電源構成を進めたい。安全対策を自主的、継続的に進め、世界最高水準の安全性を構築していく。経営理念に基づき、安全最優先でお客さまの役に立ち続ける。早期の再稼働で一日も早い電気料金値下げを実現したい」

 その後、大阪市の吉村洋文市長が質問に立った。

 「原発一辺倒の経営方針を改めるべきだ。取締役の過半数を社外取締役にし、外部の視点を取り入れることを求める。4期連続の無配。このまま原発に頼れば、この状況はひどくなる。規制委自体が『(新規制基準は)安全を証明しない』といっている。あちこちの司法判断で止められ、こんな不安定な電源はない」

続きを読む

「産経WEST」のランキング