産経WEST

【関電株主総会詳報(1)】吉村大阪市長出席VS関電経営陣…森会長が「無配をお詫びします」 反原発団体も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関電株主総会詳報(1)】
吉村大阪市長出席VS関電経営陣…森会長が「無配をお詫びします」 反原発団体も

関西電力の株主総会の様子を映すプレスルームのモニター。株主総会で発言する八木誠社長(中央)=28日午前、大阪市福島区の堂島リバーフォーラム(村本聡撮影) 関西電力の株主総会の様子を映すプレスルームのモニター。株主総会で発言する八木誠社長(中央)=28日午前、大阪市福島区の堂島リバーフォーラム(村本聡撮影)

 関西電力の株主総会が28日午前、神戸市内で始まった。関電は、度重なる司法判断で原発が停止に追い込まれ、電気料金が高止まりしている。株主からは、原発に頼る経営のあり方などに批判が集まりそうだ。また、大株主の大阪市からは吉村洋文市長が初めて出席。大阪市長が株主総会に顔を出すのは2年ぶりで、関電と大阪市との激しい応酬が予想される。

 午前10時、会場の神戸市中央区の「ワールド記念ホール」では、関電の森詳介会長が開会宣言。冒頭、「昨年度は燃料価格の下落の一時的要因で黒字となったが、今年度の業績は見通せない状況であります。このため、株式配当が無配となったことを深くお詫びします」と陳謝した。

 会場周辺には総会前から、大勢の株主や報道陣が詰めかけた。奈良市の元教員、前圭一さん(68)は「原発の依存度が高く、経営の問題になっている。脱原発を基本に据えるよう求めていきたい。電力という公共性の高い企業だからこそ、そうした経営判断を取ってほしい」と話した。

 反原発派の団体も集まり、「関西電力、原発止めろ」とシュプレヒコールをあげたり、株主にチラシを配布。それを囲むように兵庫県警が警備し、物々しい雰囲気となっていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 吉村大阪市長出席VS関電経営陣…森会長が「無配をお詫びします」 反原発団体も
  • 吉村大阪市長出席VS関電経営陣…森会長が「無配をお詫びします」 反原発団体も

「産経WEST」のランキング