産経WEST

【廃棄カツ横流し】ダイコーの許可取り消し 愛知県

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【廃棄カツ横流し】
ダイコーの許可取り消し 愛知県

 冷凍カツ横流し事件で愛知県は27日、産業廃棄物処理業者ダイコー(同県稲沢市)が無許可で食品などの産廃の破砕処理をしたとして、廃棄物処理法に基づき収集運搬と中間処理の許可を取り消した。

 県によると、ダイコーは2006年ごろから稲沢市内に施設をつくり、廃棄物を破砕処理していた。同社の会長は27日、県職員に違反の事実を認めたという。

 県は未処分の産廃を処分したとする虚偽の管理票作成や、保管場所や発酵施設の無届け、基準を超える量を保管して飛散・流出させたことも違反に当たると判断した。

 大村秀章知事は「規模が大きく悪質だ。産廃業者への指導を徹底していく」と述べた。

 県は8日から、民間の産廃業者の協力を得て、ダイコーの倉庫などに残された大量の廃棄物の撤去を進めている。

「産経WEST」のランキング