産経WEST

【経済裏読み】韓国、ノーベル賞は今年もおあずけ?英ネイチャー誌「カネで実現するものではない」と皮肉

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
韓国、ノーベル賞は今年もおあずけ?英ネイチャー誌「カネで実現するものではない」と皮肉

梶田隆章・東京大宇宙線研究所所長がノーベル物理学賞を受賞したことを伝える号外を受け取る人たち=平成27年10月6日夜、JR大阪駅前(門井聡撮影) 梶田隆章・東京大宇宙線研究所所長がノーベル物理学賞を受賞したことを伝える号外を受け取る人たち=平成27年10月6日夜、JR大阪駅前(門井聡撮影)

韓国の社会風土にも問題

 昨年は、医学・生理学賞の大村智・北里大特別栄誉教授と物理学賞の梶田隆章・東京大宇宙線研究所教授が加わり、ノーベル賞の自然科学分野の日本人受賞者は21人になった。一方で、GDPに占める研究・開発(R&D)投資の割合が世界トップの韓国はゼロで、韓国では「スポーツの試合で言えば、『21-0』の大差」「なぜ日本ばかりなのか」の類の記事がメディアを賑わせた。

 こうした状況を変えるのは容易ではない。韓国の社会風土にも問題がありそうだ。朝鮮日報によるとネイチャー誌は、議論を避け、上下関係を重んじる韓国の風土がクリエイティブな研究を阻む要因だと批判し、こうした風土が優れた科学者の海外流出につながっていると分析。実際に、米国立科学財団(NSF)の報告書では、米国で博士学位を取得した韓国人科学者の7割が米国に残ると答えているという。

 一方で、東亜日報のコラムは自虐的でさえある。韓国がノーベル賞を受賞できず、気をもんでいることが世界に広く知られているようだとぶちまける。そのうえで、今年1月に米時事文芸誌「ニューヨーカー」が「韓国人は本すら読んでいないのに、ノーベル文学賞ばかりほしがっている」と皮肉った記事を紹介。ネイチャーの今回の特集記事についても、活発な討論すらできない国が自然科学分野でノーベル賞のみほしがっていると指摘したと、至極当然のように冷静に受け止めている。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング