産経WEST

【英EU離脱】「爆弾は真っ先に日本に落ちた」 韓国、それでも気になる隣国

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【英EU離脱】
「爆弾は真っ先に日本に落ちた」 韓国、それでも気になる隣国

英国の国民投票結果が出た24日、ソウルの株価表示ボードの前で記念撮影をする高校生(AP) 英国の国民投票結果が出た24日、ソウルの株価表示ボードの前で記念撮影をする高校生(AP)

 英国の国民投票で欧州連合(EU)離脱派が多数となったことをめぐり、韓国でも経済の先行きについての懸念が多く出ている。そんななかでも気になるのが、日本のことだ。「アベノミクスの危機」などと報じられている。

 朝鮮日報電子版は「英国が放った『EU離脱』という爆弾は、真っ先に太平洋を越えて日本列島に落ちた」とし、円高が日本経済に与える打撃の大きさを表現。「安倍晋三首相が4年間にわたり200兆円を費やして作った円安が、たった4時間で『元の木阿弥』となった」と報じた。

 同紙はまた、造船や海運業界などの「お先真っ暗」とする嘆きを伝える一方、英国に生産拠点を置く日本メーカーより打撃は少ないとの見方もあるとし、現代自動車関係者の声として「トヨタ・ホンダより有利」などと報じた。

 また中央日報(同)も、「日本は金融緩和、財政拡大などを前面に出したアベノミクスを施行中だ」とし、「ブレグジットで円が急騰し、アベノミクスが危機を迎えている」と解説した。

「産経WEST」のランキング