産経WEST

【参院選】素朴なぎもん「桃太郎」ってなに?実は常識ひっくり返した新戦術

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【参院選】
素朴なぎもん「桃太郎」ってなに?実は常識ひっくり返した新戦術

候補者がのぼりとともに練り歩き有権者に支援を求める「桃太郎」 候補者がのぼりとともに練り歩き有権者に支援を求める「桃太郎」

 今回の参院選でも全国各地で「桃太郎」が展開されている-と聞いて、ピンとくる読者はどれほどいるだろうか。

 たすきをかけた候補者が、のぼりを持った運動員たちとともに商店街などを練り歩き、有権者に直接支持を訴える。今ではすっかり定番になった選挙戦術を、多くの陣営関係者は「桃太郎」と呼ぶ。

 もちろん、その由来はあの有名な昔話だ。おばあさんから持たせてもらった「きび団子」を分け与え、子分にしたイヌやサル、キジを従え、鬼退治に向かう「桃太郎」。その様子に似ていることから、名付けられた。

 実はこの戦術、昭和30年代の大阪府知事選で、“選挙の神様”といわれた木船実氏が、「有権者とじかに接したらもっと効果があるのでは」と思いついたのが最初とされる。

 それ以前はトラックを走らせ、辻々や広場で荷台から演説を行うだけのスタイルがほとんど。選挙戦の常識をひっくり返す戦術として注目を浴びた。

 当初は「前例がない」と選挙管理委員会や警察当局も目をつけ、クレームがついたともいわれるが、公職選挙法は、車から降りての選挙活動を禁じてはおらず、一気に選挙の新常識として定着した。

 今回の参院選で、早くも「桃太郎」を決行した陣営幹部は「候補者の人柄を伝えられ、大勢で回ると陣営の意気込みも伝えられる」と効果を強調する。

 ただもちろん公職選挙法では、桃太郎の“きび団子”のような報酬を条件に、運動員を従えることは、一部を除き禁じられている。

「産経WEST」のランキング