産経WEST

【竹島を考える】尖閣に軍艦向けた中国…日本政府は何をしている!妥協・棚上げでは何も解決せぬ 下條正男・拓殖大教授

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【竹島を考える】
尖閣に軍艦向けた中国…日本政府は何をしている!妥協・棚上げでは何も解決せぬ 下條正男・拓殖大教授

沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に初めて侵入した中国海軍の艦艇と同型のフリゲート艦(防衛省提供) 沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に初めて侵入した中国海軍の艦艇と同型のフリゲート艦(防衛省提供)

 今月9日未明、中国とロシアの軍艦が相次いで尖閣諸島の接続水域で確認された。この事案も、中国国家海洋局直属の「国家海洋情報センター」が運営するウェブサイトの「最新情報」に記録されるのだろうか。というのも、尖閣問題を専管する同センターでは、中国海警局の公船が尖閣海域に進入した証拠をネット上に公開し、既成事実化を図っているからだ。

 その最初の記録には、「2014(平成26)年9月10日、中国海警局の公船『中国海警2350』『中国海警2166』『中国海警2101』『「中国海警2337』が引き続き中国の釣魚島領海内を巡航した」とある。

過去の外交を検証する時が来た

 問題は、この中国側の挑発行為に対して、日本政府がどう対処するかにある。現段階では、日本政府がいくら「深刻に懸念をしている」としたところで、挑発行為は止めないからだ。

 戦後70年、日本は今、過去の外交を検証する時に来ている。日本は「ポツダム宣言」受諾の直後、ソ連(ロシア)によって南樺太と千島列島、それに北方領土を侵奪され、講和条約が発効する3カ月前には、韓国によって竹島を掠奪された。

 それからすでに半世紀以上の歳月が流れたが、解決の兆しは見えない。それどころか、日本の領土を奪ったロシアや韓国は領土問題を歴史問題に結び付け、それに尖閣諸島を狙う中国が、逆に日本批判を続けている。

続きを読む

「産経WEST」のランキング