産経WEST

九州電力役員宅に犬の切断死骸 福岡県警、動物愛護法違反で捜査

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


九州電力役員宅に犬の切断死骸 福岡県警、動物愛護法違反で捜査

 福岡市東区にある九州電力の男性役員宅で、切断された犬の死骸が見つかり、福岡県警が動物愛護法違反の疑いで捜査していることが23日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、22日午前6時半ごろ、自宅の敷地に死骸が捨てられているのを家族が見つけ、近くの交番に通報した。役員宅で飼われている犬ではないという。

 九電関係者によると、役員を巡るトラブルは確認されていないという。

「産経WEST」のランキング