産経WEST

また保護された オオサンショウウオ、昨年、4年前に続いて3度目 大阪・高槻市の水路、川へ放流

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


また保護された オオサンショウウオ、昨年、4年前に続いて3度目 大阪・高槻市の水路、川へ放流

保護、放流されたオオサンショウウオ=高槻市 保護、放流されたオオサンショウウオ=高槻市

 大阪府高槻市の水路で国の特別天然記念物のオオサンショウウオが見つかった。保護した市職員らが調査した後、生息域である芥川の上流に放流した。

 このオオサンショウウオは体長約98センチ、重さ約5・5キロの大型で、17日朝、芥川水系の水路にいるところを市民らが発見した。

 一時保護した市立自然博物館が個体識別調査などを実施。その結果、昨年と4年前に保護・放流した個体と同一であることが、埋め込まれたマイクロチップにより確認された。大きさなどから数十年は生きているとみられる。

 市文化財課の担当者は、「夏場は産卵のために上流に向かうので、移動中に水路に迷い込んだ可能性が大きい」と話している。

「産経WEST」のランキング