産経WEST

【参院選・徳島高知】自県出身の候補者なし、本人不在…手探りの合区選挙

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【参院選・徳島高知】
自県出身の候補者なし、本人不在…手探りの合区選挙

雨の中、有権者らと握手する候補者=22日、高知市内 雨の中、有権者らと握手する候補者=22日、高知市内

 22日に公示された第24回参院選。合区された徳島・高知選挙区に名乗りを上げた候補3人は、いずれも徳島県出身だ。高知県の有権者にとっては、身近な候補者がおらず関心の低さが懸念される。手探りの中で県境をまたいだ合区の選挙戦が始まった。

妻が「別働隊」 不在の地をカバー

 「史上初めての合区。徳島県、高知県を一生懸命回りたい」。自民党の現職、中西祐介氏(36)は、徳島市の事務所前で第一声を上げた。25日まで徳島県内を回り、26日からは7日間、高知県で活動する予定だ。

 本人が不在となる県を「別動隊」としてカバーするのは、テレビリポーターの経験のある妻の紗希さん(35)。22日に高知市中心部の商店街であった出陣式に、高知県選出の国会議員の妻3人と登壇し「私も最後の最後まで走り抜く」と決意を述べた。

 一方、野党統一候補の無所属新人、大西聡氏(53)は、高知重視をアピールしようと、高知市で選挙戦をスタート。雨が降りしきる中、出陣式で身ぶり手ぶりを交えて訴える様子は、徳島市の事務所にもネット中継された。

 「高知は第二の古里だと思っている」と記者団に強調した大西氏。出陣式後には選挙カーに乗り、途中で支持を訴えながら徳島県美馬市に移動し、地元の出陣式に駆け付けた。

 政治団体幸福実現党の新人、福山正敏氏(45)も立候補した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング