産経WEST

右後ろ脚切断の子猫見つかる 堺の金岡公園

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


右後ろ脚切断の子猫見つかる 堺の金岡公園

 堺市北区の金岡公園で、右後ろ脚が切断された子猫が見つかった。愛護団体が保護し、北堺署が動物愛護法違反の疑いで捜査している。5月下旬には、堺市内で耳が切り取られた猫4匹が見つかっている。

 堺市内を中心に活動する愛護団体「NPO法人おおさかねこ倶楽部」によると19日夜、金岡公園で、通りかかった人が靴箱の中に子猫が入れられているのを見つけ、同倶楽部に連絡。子猫の右後ろ脚の第1関節から先が切り取られ、血が固まっていた。

 堺市内では、5月下旬に、北区の大泉緑地で3匹、堺区の大仙公園で1匹の猫が、耳を刃物のようなもので切り取られた状態で見つかり、北堺、堺両署が動物愛護法違反容疑で調べている。

「産経WEST」のランキング