産経WEST

自民大阪府連会長が「前市長時、市役所に覚醒剤逮捕者」 吉村市長、徹底調査約束も「事実でなければ大問題」とクギ刺す 予算要望の場で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


自民大阪府連会長が「前市長時、市役所に覚醒剤逮捕者」 吉村市長、徹底調査約束も「事実でなければ大問題」とクギ刺す 予算要望の場で

吉村洋文市長 吉村洋文市長

 吉村洋文大阪市長は13日、記者団に対し、12日に行われた自民党国会議員に対する国の予算要望会合の場で、同党大阪府連会長の中山泰秀衆院議員(大阪4区)から「(橋下徹)前市長の時に市役所に通っていた方が覚醒剤で逮捕されたというのは本当か。給与体系がどうなっていたか、事実関係を教えていただきたい」と質問されたとして、「中山氏に文書で誰のことか問い合わせ、事実関係を徹底的に調査し、結果を市民に説明する」と述べた。

 ただ同党関係者らによると、中山氏の発言は、橋下氏が市の特別職として任命していた元特別秘書と、橋下氏の府知事選出馬時の陣営スタッフでのちに覚せい剤取締法違反で逮捕された人物とを、混同している可能性があるという。吉村市長は「万一、事実でなければ大問題だ。公の場の発言であり、市役所と府連の関係に関わる」としている。

 会合は報道陣に公開されており、中山氏は市側の要望に対する質疑のなかで府連会長として発言した。

 中山氏は産経新聞の取材に、指摘した人物と市役所の副市長室前の廊下で会ったことがあるとして、「今の市は誰が顧問で誰が特別秘書か分からない感じになっているので、情報開示のあり方を議論してほしいと思ったので尋ねた」と話した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング