産経WEST

鳥取市の山でクマ2頭と遭遇 70代男性、叫んで逃げる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


鳥取市の山でクマ2頭と遭遇 70代男性、叫んで逃げる

 鳥取市の本陣山の遊歩道で、ウオーキング中の70代の男性が2頭のクマと遭遇し、市は13日、遊歩道などに看板を設置するなど注意を呼び掛けた。男性は走って逃げ、けがはなかった。住宅地から約1キロの地点という。

 市によると、遭遇したのは12日午前10時ごろで、ツキノワグマとみられる。市は13日に県と合同で調査し、遊歩道斜面にクマの爪痕のようなものを確認した。

 市によると、クマはいずれも体長約1・5メートル。男性は1頭に10メートルほど追い掛けられたが、大声を出して逃げると、クマはいなくなったという。

 付近でクマの目撃情報が寄せられたのは初めてというが、鳥取県若桜町では5月21日にランニング中の男性がクマとみられる動物に襲われ、指を骨折した。

「産経WEST」のランキング