産経WEST

死亡のスナック女性従業員との間で何が…鹿児島県警、経営者と客2人を傷害致死容疑で逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


死亡のスナック女性従業員との間で何が…鹿児島県警、経営者と客2人を傷害致死容疑で逮捕

 スナックの女性従業員を暴行し死亡させたとして、鹿児島県警は11日、傷害致死の疑いで、埼玉県草加市遊馬町、金属工、登博志容疑者(50)ら男女3人を逮捕した。

 逮捕されたのは他に、このスナックを経営する鹿児島県喜界町池治、栄山弘美容疑者(56)と喜界町上嘉鉄、会社員、真田啓治容疑者(46)。

 逮捕容疑は昨年4月26日未明、喜界町のスナックで、同町池治、同店従業員、土家真由美さん=当時(33)=の頭を殴るなどし、死亡させたとしている。登、真田容疑者は客として店に来ていた。

 県警によると、土家さんは暴行を受けた後、鹿児島市に滞在していたが、昨年5月1日に病院に搬送され、脳障害などで死亡が確認された。死因に不審な点があり、病院が鹿児島市内の警察署に通報した。

 県警は逮捕に時間がかかったことについて、容疑者の所在確認や暴行と死因との因果関係の特定に時間がかかったとしている。

「産経WEST」のランキング